hakoshi

あまり作品のコンセプトなんかにについては話してこなかったのですが、
良い機会なので、こちらに記しておこうかと思います。

箱氏の誕生は今から15年くらい前で、
僕がまだ広告代理店でデザイナーをやってる頃でした。

うーん、そんな前か。

箱氏の世界って同じものがたくさんいるだけの誰が誰だかわからない世界です。

これは僕たちが生きている世界と似たようなもので、
日々の生活の中では自分が埋もれちゃってるような、そんな気分にさせられることもあります。

特に若い頃は。

ただ単体で見てみると、箱氏って個性の塊なんですよね。

そうなんです。

自分では気づかないだけで、周りはあなたをあなたとして見ています。
それは個性であり、何かをすることで生まれるものでもありません。

だからあまり気負いしないで、思うように生きれば良いのです。

人生は長いです。
何もしていないと暇でしょうがないくらいに。

じゃあ何をして暇つぶししようかな?

それくらいの気持ちでいれば、ちょうどいいのかも。

吉川ケイタ