カテゴリ: 周辺機器

576cc8c6
我が家にあるエプソンのプリンターの表示部分にこんなメッセージが・・・。 

調べてみたらエプソンに頼むと1万円以上かかるみたいで、
さらに調べてみたら、 自力で交換してる方が多数いらっしゃいます。

て事で、僕も自分で交換してみることにしました。

分解は色んなところに出てるので割愛しますが、
廃インクのタンクはプラスドライバーが1本あれば、簡単に外せます。

インクを吸収するパッドは専用の物でも良いのですが、
コットンとかで代用できる(要はインクを吸う者なら問題ない)みたいなので、
100円ショップとかで買える様なコットンを敷き詰めて代用しました。

で、ここからが問題なのですが、
インクパッドを交換するだけじゃエラーメッセージは消えないので、 
リセットする必要があります。

しかしながらMacだとあまり選択肢もないようで、
WIC Reset Utilityを使うことにしました。

WICをDLして、ライセンスを購入って感じですね。
支払い方法は、PayPalかカード決済です。
海外のお仕事だと、支払いはPayPalで!みたいなことや、
eBayでの買い物でも活躍してくれるので、
PayPalのアカウントを持っておくのも良いですね。

使い方も簡単で特に問題も起こっていないので、
廃インクがパンパンになった時には試してみることをお勧めします。
1,000円くらいでまた使える様になるし。


マウスがおかしくなってきたので、買い換えることにしました。 僕はマウスが重いと仕事に影響が出て、 すぐに捨てちゃう方なので心配はあったのですが、 今回はワイヤレスにしてみることにしました。 一時期、Magic Mouseを使っていたのですが、 なんだか重くて結局は有線に戻したっていう経験は無視して、 いろいろ読んでて割と評判の良かった Logicool ワイヤレスマラソンマウス M705tに、 でも、やっぱり重い・・・。 そりゃそうですよね。 138gあるみたいなので。 以前使っていた有線マウスが84gなんで、 160%強重くなった計算になります。 そこで、電池スペーサーを購入。 キャンドゥとかでも売ってるやつね。
手持ちの単4電池を入れて使おうと、 まず1個電池を入れたら、マウスが動きました。 写真のように、これでもう動きます。 このマウス、電池1個で動くんですね。 これ、問題なく使えるのかな?ちょっと検証してみよっと。 てことで、100g近くまで重さが下がったので、 結構軽量化できました。 まぁでもやっぱりちょっと重いな。 そう思うと、Magic Mouseとそんな変わらないか・・・。 じゃあ、Masgic Mouseの一つ前の型を軽量化した方が軽いのか。 まぁまぁまぁ、取り敢えず使ってみよう。 吉川ケイタ

↑このページのトップヘ